アロマセラピー 精油 イランイランについて

「イランイラン」は、インドネシアが主な原産国の植物で、エキゾチックな香りがすることから、古くより香水に使われてきました。

「花の中の花」というマレー語からこの名前がつけられました。

官能的な香りは、高揚感や安心感があります。

沈静、抗抑うつ、ストレス緩和、睡眠誘発、血圧降下、皮脂分泌調整、消毒などの作用があるようですよ。

香りが強いので、多量に使用すると、頭痛や吐き気をもよおす人もいるようなので、十分に希釈して使用しましょう。

また、お肌が敏感な人も刺激が強いので、気をつけなければなりません。

もし、異常があった場合には、使用を中止したほうがよいですね。

ごく稀ですが、精油成分が紫外線に反応して、かゆみなどのアレルギー反応を起こすことがあるとも言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です