アロマセラピー検定

アロマセラピー検定は、社団法人日本アロマ環境協会の実施する資格認定試験で、1級と2級の2種類で、年齢・性別の制限はありません。

2級は、自分自身が楽しむ方法や健康維持のための知識。

1級は、自分だけではなく、家族や周りの人に楽しんでもらう方法や、健康維持のための知識のほかに、脳のメカニズムや睡眠の仕組み、ストレスや栄養学などが出題されます。

検定試験は、5月と11月の年に2回全国の主要都市で行われます。

2級をとばして1級のみ受けることもできます。

回答はすべて選択式の問題になっていて、中には、エッセンシャルオイルの香りをあてる問題もあります。

受験者は圧倒的に女性が多いそうです。

試験は終わった人から退室が許可されていますが、早く終わっても何度も見直しすることをおすすめします。

検定合格基準は、正解率80%といわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です