アロマセラピースクール

アロマセラピースクールは、約20年ほど前のまだ、アロマセラピーという言葉が一般化されていなかったころに、寺子屋的な教育活動として始まったといわれています。

現在では、社団法人日本アロマ環境協会が、教会独自の基準をクリアーしたスクールを認定校と認めています。

認定校には、アドバイザー認定校、インストラクター認定校、アロマセラピスト認定校があります。

スクールや専攻するコースによって、学ぶことは違ってきますが基本的なところでは、学科として「解剖生理学」「栄養学」「生体リズム」「心理学」などを勉強します。

そして実技では、「アロママッサージの方法」「呼吸と身体」などを学びます。

他にも、香りの色彩やイメージワークなど、実際に触れて感受性を高めるカリキュラムもあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です