アロマセラピーの効果

アロマセラピーには、間接的に鼻から香りを吸入して、脳に働きかけたり、マッサージや入浴などによって、皮膚から吸収させる直接的なものがあるとされています。

最も効果が表れやすいといわれているのは、不眠症、高血圧、気管支喘息、胃潰瘍などです。

アロマセラピーで神経系を鎮静化させる生理活性物質「セロトニン」を、分泌させるとされる香りをかぐことで、心身がリラックスして不安定な心の状態を緩和してくれるようです。

また、アロマセラピーに使われるハーブには共通して、酸化を防ぐ作用があるようで、毎日ハーブティーを飲むことは、老化の防止や成人病の予防にも良いそうですよ。

他にも、エッセンシャルオイルには、強力な抗菌効果があるといわれ、空気中に広がった香りの分子が、ブドウ球菌やサルモネラ菌などの増殖を抑制してくれるそうです。

また、インフルエンザウィルスにも効果が期待できるそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です