アロマセラピーの仕事

アロマセラピーの仕事は大きく分けると、ショップで働く、講師として働く、アロマトリートメント(マッサージ)を施術する、この3つになります。

どこで仕事をするにしても、エッセンシャルオイルという特殊なものを扱う仕事なので、やはり、資格は、取得しておいたほうが、よいですね。

ショップでは、お客さまの要望に合ったエッセンシャルオイルを選んだり、お勧めしたり、説明したりするのが仕事になります。

講師としての仕事は、スクールなどで生徒を対象に教えることになりますので、検定1級はもちろんですが、「アロマセラピー・インストラクター」という資格も取っておくとよいでしょう。

人に教えるときは、その何倍も知識がないと教えられませんので、要求されるレベルも高くなります。

そして、アロマトリートメントを行う人をアロマセラピストといい、アロマセラピーサロンなどで働いています。

いずれにしても、正しい知識と技能が必要なことは、いうまでもありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です