アロマセラピーとは

アロマとは「芳香」、セラピーとは「治療」のことです。

この二つをあわせたアロマセラピーとは、植物の持つ芳香成分を利用して、病気の治療や予防などをする自然療法のことをいいます。

香りには、リラグゼーションやリフレッシュに役立ったり、身体や精神の恒常性の維持を促したり、身体や精神の不調を改善して健康を取り戻したりする効果があるとされています。

お花屋さんの前を通った時に、その香りにホッとしたり、心が和んだりしたことがあるはずです。

現代社会では、ストレスのない生活はほぼムリだといわれています。

過度のストレスは、身体や精神のいろいろなところに不調をもたらします。

心地よい香りは、心と身体をリラックスさせてくれるのです。アロマセラピーには、植物から抽出したエッセンシャルオイルとよばれる「精油」を使い、香りだけではなく、美容のために使われることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です